×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

我家の節約術

5.総務担当者とお友達になろう

実は私会社では総務を担当しています。まぁ小さい会社の小さい工場ですので、総務と経理、人事(給与計算)など大きな会社の"総務部"といわれるセクションすべてを担当していますが(もっと大きい会社は経理は"経理部"として独立しています)、皆さんの会社にも総務と名のついた人間がいると思います。あぁいるいる、なにやるのにも申請書よこせとか、お役所仕事みたいな奴がと思われたかたもいると思います。

会社によっては総務と一概にいっても広報、庶務(渉外)、秘書、法務と細かく分かれるところもあるかもしれませんし、小さい会社では事務のおばちゃんがなにかしている程度という会社もあると思います。でも総務っていくら忙しくても絶対に人が増員されないんです。なぜかそれは生産性のある職場ではないから。所詮我々総務がいなくても会社は回るのです。ですからどこの会社でも必要最低限の人間しかいません。

では我々総務特に庶務とはなにをするところかといいますと、話に関係ないので手短にしますが、近隣企業、同業他社、地元、加入団体との連絡調整、官庁への陳情、主要資材以外(特に事務用品)の用度、図書(新聞含む)の購入、イベント(新社長就任披露、新営業所設立披露等々)の運営などがあげられます。

そこで話は元に戻りますが、皆さん新聞は1誌しか取っていない方が殆どなので折込もあまり集まりませんよね。そこで皆さんの会社の総務担当者とお友達になってください。どうせ会社では折込なんてただのごみですから。総務担当者に頼んでゴミを貰い、金の玉に変えましょう。一種の"エコ"でしょこれも。また事務用品調達の用度において今は殆どの会社が通販(アスクル等々)で調達しているはずです。そこで買うとポイントがついてきます。そのポイントが溜まるといろいろと景品に換えてくれるのですが、会社ではポイントなんて必要ありませんので大体の会社は総務担当者のモノになります。ですからこのチャンスを総務担当者だけのモノにせず分けてもらいましょう。(別コンテンツで紹介しています)

生活向上百貨店